忍者ブログ
みっちょり。の詩。感じたい。感じてほしい。
+カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
+フリーエリア
+最新コメント
[07/13 みっちょり。]
[07/13 みっちょり。]
[04/29 け。]
[04/09 みっちょり。]
[03/23 け。]
+最新トラックバック
+プロフィール
HN:
みっちょり。
性別:
女性
自己紹介:
みっちょり。の心を感じてほしい。
そんな想いでつくりました。
ちょっとでもなにか感じてもらえたら
それは幸せなこと。
Pink Roadとはまたちょっと
違うみっちょり。かもしれません。
+バーコード
+ブログ内検索
+カウンター
+アクセス解析
  13 12 11 10 9 8 7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋の風が強くなって
寒さに 体温欲しくなる
誰かが歌った
悲しい歌を口ずさむ


変わった時が近づくのに
変わらない風景がそこにある


あんなに満開に咲いていた花たちが
舞台を彩った木の葉に譲って
静かに散っていくのを
見てるだけ



あたしにはなにも出来ない
微力な自分
触れられない世界


誰かが あなたのこと想った歌に
あなたは気付かず 微笑んで


意味に気付いてる あたしは
切なくなるだけ


あなたの秘密を知るたびに
恐くなる
知らない過去に
知らない愛情


あたしはいつまでも知らないフリを続けるから
いつでも笑っていて欲しい


言葉は要らないから
抱きしめてほしい
ここにいるのは
あたしとあなたとひとつの花びら


花びらが泣いている
散ることを恐がって
風に飛ばされそうになりながら
細い折れそうな枝と
いつまでも離れないと誓った約束に
必死にしがみついて



あといくつ
幸せを感じて涙するの
あといくつ
寂しさを感じて涙するの
あといくつ
生きてることを感じられるの


指折り数えることが
無駄だって気付いてても
恐いから
限りがあるなら知っていたい
永遠が無いのなら
無意味な約束でいい


失うのが恐いなんて
誰もが思うこと
散ったあとはどうなるのか
見えないから恐い
踏まれて
粉々になって
自分さえ見えなくなって


わかるから
わかってるから
優しさの在り処を
ほんとは咲いていたい気持ちも
生まれ変わって
新しく咲きたい気持ちも
切ない願いも
わかっていながら
見届けるだけ


それしかできない
それしかしちゃいけない


歌は残酷ね
歌詞と一緒に
思い出も浮かべてしまうから


季節は残酷ね
待つことを知らず
容赦なく過ぎていく


あたしは残酷ね
花びらが散ってくのを知りながら
ただ見てるだけ



PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.