忍者ブログ
みっちょり。の詩。感じたい。感じてほしい。
+カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
+フリーエリア
+最新コメント
[07/13 みっちょり。]
[07/13 みっちょり。]
[04/29 け。]
[04/09 みっちょり。]
[03/23 け。]
+最新トラックバック
+プロフィール
HN:
みっちょり。
性別:
女性
自己紹介:
みっちょり。の心を感じてほしい。
そんな想いでつくりました。
ちょっとでもなにか感じてもらえたら
それは幸せなこと。
Pink Roadとはまたちょっと
違うみっちょり。かもしれません。
+バーコード
+ブログ内検索
+カウンター
+アクセス解析
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近くに居過ぎて見えなかったんだ。
遠くにある気がしてたんだ。


どちらでもない。
どちらでもない。


ただ私、
気付かなかっただけ。


あなたは何も言わない。
ただそこにいるだけ。
在り続けるだけ。


たまに機嫌を損ねたり
涙を落としたり
だけど何も言わない。


あなたは強い。
あなたは弱い。


守ってあげなきゃいけないのに
いつも私、
守られてるんだね。


傍にいればいるほど
見つめれば見つめただけ
いろんな顔をするあなた。


あなたが愛しい。


忘れたくない。
忘れない。


どちらでもない。
どちらでもない。


ただ見上げればあなた、
傍にいるから。


PR

秋の風が強くなって
寒さに 体温欲しくなる
誰かが歌った
悲しい歌を口ずさむ


変わった時が近づくのに
変わらない風景がそこにある


あんなに満開に咲いていた花たちが
舞台を彩った木の葉に譲って
静かに散っていくのを
見てるだけ



あたしにはなにも出来ない
微力な自分
触れられない世界


誰かが あなたのこと想った歌に
あなたは気付かず 微笑んで


意味に気付いてる あたしは
切なくなるだけ


あなたの秘密を知るたびに
恐くなる
知らない過去に
知らない愛情


あたしはいつまでも知らないフリを続けるから
いつでも笑っていて欲しい


言葉は要らないから
抱きしめてほしい
ここにいるのは
あたしとあなたとひとつの花びら


花びらが泣いている
散ることを恐がって
風に飛ばされそうになりながら
細い折れそうな枝と
いつまでも離れないと誓った約束に
必死にしがみついて



あといくつ
幸せを感じて涙するの
あといくつ
寂しさを感じて涙するの
あといくつ
生きてることを感じられるの


指折り数えることが
無駄だって気付いてても
恐いから
限りがあるなら知っていたい
永遠が無いのなら
無意味な約束でいい


失うのが恐いなんて
誰もが思うこと
散ったあとはどうなるのか
見えないから恐い
踏まれて
粉々になって
自分さえ見えなくなって


わかるから
わかってるから
優しさの在り処を
ほんとは咲いていたい気持ちも
生まれ変わって
新しく咲きたい気持ちも
切ない願いも
わかっていながら
見届けるだけ


それしかできない
それしかしちゃいけない


歌は残酷ね
歌詞と一緒に
思い出も浮かべてしまうから


季節は残酷ね
待つことを知らず
容赦なく過ぎていく


あたしは残酷ね
花びらが散ってくのを知りながら
ただ見てるだけ



070404_2250.jpg











ヒラリ。ヒラリ。
舞い散るはあたしのこと葉。


あなたに
気付いて欲しくて
ひとつふたつ
この身を落とすの。




ヒラリ。ヒラリ。
揺れるはあたしのこころ。


満開に咲くのは
この想いを膨らませて。



ねぇ。
あなた見ているかしら?
もう咲いたのよ。
いつもは通り過ぎてく
誰もが立ち止まるくらいに。


あたしは咲いたのよ。
他の誰かじゃなく
あなたに見て欲しくて。


足を止めて
上をみてみて。
いつもとは違う景色でしょう?
お空が透けてみえるでしょう?
交じり合った境界線は
ピンクに染まってみえるでしょう?


膨らんで膨らんで。
あなたへの想いもふくらんで。



あたしは毎日見てるのよ。
なのに
春にならなきゃ
あなたは気付いてはくれない。



あたしは毎日聞いてるのよ。
なのに
春にならなきゃ
あなたは聞いてくれない。



あたしは毎日感じてるのよ。
なのに
春にならなきゃ
あなたは感じてくれない。



きっと散ってしまったら
なにもなくなったようにみえるのね。
あたしはいつもここにいるのに。



だから
せめて春だけは
あなたに
『キレイだね。』
って言って欲しくて頑張るの。
あたしの身体いっぱいに
美しさを纏わせて。




一度見ただけで
あたしを知ってるなんて言わないでね。
その日だけでも
あたし変われるのよ。



嘘だと思うなら
夜のあたしに会いに来て
そしたら
だれにもみせてない
あたしをあなただけに
魅せるから




時は流れる
人は変わる
自然も
環境も
何もかも



きっと
あたしも変わるのよ。



ただ
あたしはここにいるわ。
どんなに変わった姿でも
毎年春になったら
あなたのために
この身を咲かせて
まってるわ。




ヒラリ。ヒラリ。
舞い散るのは
遊びじゃないのよ。


ひとつふたつ
この身を落とすのは
楽じゃないのよ。



あたしの人生をかけて
あなたに魅せるの。



ヒラリ。ヒラリ。
舞い散るはあたしのこと葉。


ヒラリ。ヒラリ。
行き交うはさまざまな愛。




夢みて咲いて膨らんで。
ヒラリヒラリと舞うはことの葉。

D1000290.jpg

 

 

 

 

 

いち。 

に。

さん。

し。

しあわせ。

 

一歩一歩が慎重で 歩くことが勇気で

 

 

黄色い絨毯の上を

トコトコと

気ままにあるく あの子の姿は

とても自由で 可愛く映った

 

まだ何もしらない君に

うらやましさを覚えたり

一生懸命な姿に 涙したり

いつの間にか

そうやって まっすぐに見ることを

やめてしまったんだなぁ

 

光の射すほうは まぶしくて

手をかざしてみなきゃいけない

 

でも

 

もしかしたら

手をかざしてしまった所に

掴みたいものがあるのかもしれない

眩しさにまけて

見えないだけなのかもしれない

 

 

その先も黄色い絨毯で覆われて

それ以外なにもないと思っていた先が

青い青い海かもしれない

 

一歩踏み出せば

いつかは見えてくるでしょう

いま見えなくて

でも欲しいもの

ここに立ち尽くしてたままじゃ

そこには いけないから

歩き出すんだ

 

一歩一歩数えながら

自分の大きさを確かめながら

一歩一歩進むんだ

心の隙間に風を受けながら

 

いち。

に。

さん。

し。

 

しあわせはもうすぐ。

 

D1000242.jpg息が白くなってきた頃に

染まった色は白じゃなく

赤や黄色や緑色。

 

 

            カラカラカラ。 

            風が吹く。

            カラカラカラ。

            夢が舞う。

 

 

            積もったものが

            白じゃなく

            赤や黄色や緑色。

 

            カラカラカラカラ。

            ソラのうた。

            カラカラカラカラ。

            空のうた。

 

 

            カラフル描く 足元に

            気持ちが少し

            浮いていく。

TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.